SIMフリー端末と格安SIMの組み合わせ

SIMフリー端末は、好きな通信会社のSIMカードを利用することができます。
また、SIMロック解除をすることでキャリアが販売していた端末に、別のSIMカードを指すことも可能です。
契約を維持したまま他社のSIMカードを使うといった使い方もできます。もちろん、その場合の動作保証はしていないため、機種によっては動かないこともある点については、あらかじめ了承しておく必要があります。
SIMフリー端末との組み合わせに最適なのが、格安SIMです。

これは、MVNOと呼ばれる会社から提供されている格安の通信サービスです。

SIMフリーの特徴をご紹介するサイトです。

MVNOはキャリアから回線を借りています。


そのため、同じ系列のキャリアのSIMを使う場合は別にSIMロック解除の必要はありませんが、別の系列のSIMカードを使う場合はSIMフリー化する必要があります。


格安SIMだと、通信料金を大幅に抑えられます。

キャリアでスマホを使っている人の一般的な料金は7000円ほどですが、格安SIMの場合は平均2000円ですから、5000円近くも抑えられます。

デメリットとしては、キャリアメールを使うことができなくなることです。



厳密には、元々契約していたキャリアの回線を維持している場合は利用することができますが、そうではない場合は使うことができなくなります。

そうした時には、フリーメールや、SMS、SNSアプリなどを活用することとなります。



これで問題ない方なら、特に不満を感じることはないでしょう。