MVNOのメリットとデメリット

MVNOを利用する最大のメリットは、携帯電話の料金を大幅に安くすることができることです。

大手キャリアの通信サービスを利用すると、月額で7000円くらいはかかってしまいますが、MVNOなら2000円くらいまで圧縮することが可能です。
ただし電話を自分からガンガンかける人の場合は、大手キャリアの方がいい場合もあります。

MVNOの電話料金は高めに設定されているので、電話を頻繁にかけてしまうと、あっという間に大手キャリアの料金をオーバーしてしまい格安通信サービスを利用する意味がありません。


長い契約期間に縛られることが無いとうのもMVNOの大きなメリットです。

大手キャリアだと最低2年間は縛られてしまいますが、格安通信サービスでは1年間で縛りが解けるので、長い契約期間に煩わされることがありません。

MVNOに関連した情報が掲載されています。

もっとも大手キャリアでもオプション料金を払うことで、契約期間に縛られないようにできるところもありますが、月額料金が1000円以上も高くなってしまうので、現実的な選択肢ではありません。ちなみにデータ通信のみの格安SIMなら、最低契約期間は無い場合がほとんどなので、すぐに他社に乗り換えることもできます。



MVNOにはデメリットもあるので、そこはちゃんと認識する必要があります。



一番のデメリットは通信速度が不安定なことです。

時間帯によって通信速度にかなり差がある場合が多く、会社によっては混雑する時間帯はほぼ使用不能のような状況になることもあります。